INDEX症状別治療法・症例

「腰痛(腰痛症)」の症状と治療法 (ようつう)

「腰痛」といわれる名称、実は病名ではなく、腰周辺部のからだに表れた症状を指す総称です。「腰痛」の原因は様々で、現在の医学でも解明できていない部分が多く、「腰痛」の原因が特定できるのはわずかに15%程度、代表的な疾患としては「椎間板ヘルニア」や、高齢者に多い「腰部脊柱管狭窄症」「骨粗しょう症」などで、残りの約85%は「腰痛」の発症原因が特定できないと言われています。こうした原因が特定できない「腰痛」症状は「腰痛症」や「坐骨神経痛」と診断され、生活習慣や心因性のストレス眠などが複合的な要因になっていることも考えられます。原因が特定できない「腰痛症」のケアには、発症部位と共に心身の全体を俯瞰する視点も重要です。

原因が特定できる「腰痛」の主な疾患と特徴

「ぎっくり腰(突発性腰椎捻挫)」
重いものを持ち上げようとしたとき、急に体をひねったときなど、ほんのちょっとしたきっかけで、腰に急な負担をかけたときに痛みを感じます。
「ぎっくり腰(急性腰痛)」の主な原因には、腰椎の捻挫(ねんざ)、炎症、椎間板外側の亀裂などが考えられます。

「腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)」
椎間板(背骨をつなぐクッションの役目をする部位)の一部が変形し神経を圧迫して発症します。
腰や臀部、下肢にしびれや痛みとして表れ、足に力が入りにくくなるような症状となる場合もあります。

「腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)・腰椎変性すべり症(ようついへんせいすべりしょう)」
脊柱管(脊髄の神経が通るトンネル)が、背骨の変形や、椎間板のゆがみなどの影響で、神経の通る脊柱管を狭くなって神経が圧迫を受け症状があらわれます。
歩行時に臀部から下肢にかけての痛みやしびれが出て、歩きづらくなります。前かがみの姿勢をとると症状がやわらぐのも特徴です。

「骨粗しょう症(こつそしょうしょう)」
骨密度が低くなる骨粗しょう症は、女性に発症者が多く、閉経後のホルモンバランスの変化、加齢、生活習慣(運動不足、食生活など)が要因として考えられており、ステロイド薬の使用なども影響するといわれています。
「骨粗しょう症」は、脊椎の骨が弱くなり「いつのまにか骨折」などにつながり、骨折を繰り返して背中が曲がったり、背中に鋭く痛みを感じることがあります。

つぎのような場合は、重篤な疾患の可能性も考えられますので、医師の診察と精密な検査を行ってください。

○胸部痛を伴う場合
○体重が減少している場合
○長期間にわたる副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)使用をしている場合
○発熱がある場合
○神経症状が広範囲に広がっている場合
○過去に悪性腫瘍の病歴がある場合
など

原因が特定が困難な腰痛「腰痛症」

「腰痛症」
病院でレントゲン診断や血液検査をしても異常が見られず、原因が特定できない腰痛(非特異的腰痛)を「腰痛症」と呼びます。
腰痛の患者さまのうち、実に約85%が原因が特定できない「腰痛症」だとも言われています。
家事や仕事で長時間同じ姿勢の作業を行うなど、肉体的な要因のほかにも、心因性のストレスや生活習慣、運動不足など、原因となる因子が複合的に関連していると考えられています。

女性特有の「腰痛症」
生理で腰痛を伴うケースや、妊娠中大きくなるおなかを支えるために、長期間腰を反らした姿勢をとったり、産後授乳期の偏った姿勢や育児と家事に追われるストレスなどの要因で腰痛を発症する場合も多くあります。

職場環境による「腰痛症」
同じ姿勢を続けるデスクワーカーや長距離を運転されるドライバーの方、また身体に無理な負担がかかりやすい介護や看護職場の方々にも、慢性的な腰痛をかかえている方が多く、「腰痛症」は労働災害全体の6割以上を占めているともいわれています。

自分でできる「腰痛」予防や改善の方法

○急性の「腰痛症」の場合、まずは「安静」が大切です。
○軽い「腰痛症」の場合は、痛みがない程度のストレッチング有効です。
○ゆっくり入浴することで腰を温めて血行を促す。
○軽い運動で気分をリフレッシュすることも効果的です。

「腰痛専門外来」
(接骨院フェリーチェの「腰痛」専門施術)

当接骨院にも「病院の検査で異常なしと言われたのに、痛くて寝ているのも辛い」という患者さまが、来院されることもあります。
こうした発症原因が特定できない「腰痛症」の治療には、さらに多面的に要因を探る問診が大切です。
背骨、神経、内臓、血管、精神的要因、そして「気の流れ」など含めて、心身の全体を俯瞰してすることで
患者さまに毎に違う「腰痛症」に的確な治療アプローチを行います。

患者様の声