INDEX症状別治療法・症例

「膝の痛み(膝痛)」の症状と治療法 (ひざのいたみ/ひざつう)

「膝の痛み」の発症原因で最も多いのが、ひざを支えるクッションの役割を果たす軟骨がすり減っておこる「変形性膝関節症」です。全国に約2400万人いると推計され、50歳以上では、2人に1人が「変形性膝関節症」と推計されています。さらに女性患者は男性の実に2倍近くいることがわかっています。
その要因として一般に言われるは「加齢」「筋力の低下」「O脚」「肥満」が挙げられるますが、実はその根本原因は膝関節の部位のみあるではなく、足関節や股関節、普段の姿勢や歩き方など、身体のバランスが崩れが、これらの負荷ストレスが複合的に膝関節に症状として現れているケースが多いのです。
「膝の痛み」の根本治療を行うためには、全身の動きを見定めての真の原因を探る必要があります。

「膝の痛み(膝痛)」主な疾患の症状・原因

「変形性膝関節症」
「変形性膝関節症」の原因は、加齢などの要因により膝の関節の軟骨が劣化や減少、スポーツなどによって膝への過度の負担などが要因として挙げられます。
初期症状としては、歩き出すタイミングで膝に痛みが出る、起床時に膝がこわばるなどの症状となって現れ、さらに症状が進行すると普段の歩行にも痛みをともない、日常生活の動作が困難になる場合もあります。

「半月板損傷」
関節軟骨のクッションの役目をする半月板が、交通事故やスポーツ活動中のケガなどの外傷や、加齢などによる変形で圧力がかかることで損傷して、膝の曲げ伸ばし時の痛みやひっかかりの症状を発症します。症状が重い場合は膝に水が溜まって腫れる「関節水症」や、膝を動かせなくなる「ロッキング」にいたるケースもあります。

「靭帯損傷」
「靭帯損傷」とは、スポーツの激しい接触プレー、ジャンプの着地時、など膝関節に大きな外圧が加わることでが原因で靭帯が緩んだり断裂したりする症状です。膝の痛みと可動域の制限などの症状や膝関節内に血液が溜まり腫れ(関節血症)を生じる場合もあります。

自分でできる「膝痛」予防や改善の方法

○関節の可動域を広げるストレッチや、下半身を中心とした筋トレ、そして、ウォーキングや水中ウォーキング、自転車などの有酸素運動の運動療法
○症状が重い場合は、症状が強く出る動作は一時的に避けます。
(ただし、長期間の安静はかえって正常な新陳代謝を阻害して、症状悪化にもつながりますので注意が必要です。)
○膝の筋肉運動で筋力を高めて膝をサポートします。
○膝の動きを硬くしないために可動域をひろげるストレッチング。
○正しい姿勢でのウォーキング。
○ひざ伸ばしストレッチ
○大腿(たい)四頭筋 力こぶ運動
(可能であれば「大臀筋・内転筋・大腿四頭筋のトレーニング」動画を掲載をご検討ください。)
○呼吸に集中してゆったりと動く太極拳。
ゆっくりとした動作や体重移動は足腰の筋力を鍛えるのに優れ、バランス感覚を養い、転倒防止につながります。また、変形性膝関節症の症状の改善なども期待できることがわかってきました。
決まった型はありますが、初めはあまり動きにとらわれず、体と心の緊張をほぐすことを意識することがポイントです。

「膝の痛み専門外来」
(接骨院フェリーチェの「膝痛」専門施術)

接骨院フェリーチェの「膝の痛み専門外来」では、患者さまの「痛みを一刻も早く軽減させる施術」と共に、お一人おひとりに異なる「膝の痛み」の根本原因を探り出し、痛みの部位のみでなく、全身の骨格や筋肉のバランスを整える根本治療を行います。
また、「膝の痛み」を再発させない本来の身体を取り戻していただけるように、普段の日常でのからだの使い方やセルフメンテナンスの方法まで、丁寧にアドバイスをさせていただきます。

患者様の声