夜寝るときのクーラーに関して

ブログカテゴリ
関連の症状

こんばんは。東海地方も梅雨明けし、本格的に暑くなってきました。

日中だけでなく夜も暑苦しい日が続いていますね。

今回は夜寝るときのクーラーについてお話したいと思います。

以前はクーラーをつけっぱなしで寝るといわゆるクーラー病になって身体がだるくなるといわれていましたが、近年では風向きや温度をしっかりと管理すればつけっぱなしで寝る方がはるかに身体にいいといわれています。

暑いなかで眠ってしまうと、汗を大量にかいてしまいます。
汗をかくのは自律神経の仕事で発汗することで自律神経は必死に体温を下げようと働きが活発になってしまいます。

つまり暑いなかで寝汗をかきながら寝るということは、寝ている間も体を酷使しているということになります。 これでは逆に身体が疲れてしまいます。

また、室温が28℃を超えると夜間熱中症のリスクが高まるため、寝苦しい夜は室内が28℃を超えないようにクーラーの温度を設定し、風が直接身体に当たらないように気を付けてぐっすり眠れるようにしてくださいね。

これからますます暑い日が続くかとは思いますが、夜間だけでなく日中の熱中症にも十分にお気をつけください。

患者様の声